Indycar
伝えられるところによると、2009年のF1世界チャンピオンのジェンソンバトンは、コロナウイルスのパンデミックが発生する前の2021シーズンにインディカーに出場する計画を立てていました。

2020年のインディカーシーズンでは、シュミットピーターソンモータースポーツとタイトルパートナーのアローとパートナーシップを結び、アローマクラーレンSPを結成したため、マクラーレンはフルタイムチームとしてスポーツに復帰しました。

チームはルーキーのオリバー・アスキューと非公式のルーキー(2019年に7レースに出場したためルーキーに分類されない)のパト・オワードにフルシーズン署名しましたが、コロナウイルスのパンデミック。

伝統的なメモリアルデーの日曜日の日付とは対照的に、8月下旬に開催されたインディアナポリス500の3人目のドライバーは、2度のF1世界チャンピオンのフェルナンドアロンソでした。

アロンソはまた、2017年のインディ500でアンドレッティオートスポーツとパートナーシップを結んだときに組織を推進していましたが、チームとの2019年の取り組みでイベントへの参加資格を得ることができませんでした。

別の元マクラーレンフォーミュラ1ドライバーは、2021年にチームを争う予定で、1レースだけでなく、予定されている17レースのうち13レースにも出場する予定でした。しかし、パンデミックによって引き起こされた2020年シーズン中に彼がテストすることができなかったため、残念ながらそれは起こりません。

そのドライバーは、2009年のF1世界チャンピオンのジェンソンバトンでした。ジェンソンバトンは、年間を通じてすべてのロードコースとストリートコースのレースに出場することを目指していました。

モータースポーツニュースによると、40歳のブリトンがこの問題について言わなければならなかったことは次のとおりです。

「来年[2021]にインディカーでレースをする可能性がありましたが、COVID [-19]のせいで実現しませんでした。

私はマクラーレンでいくつかのテストをすることになっていた。

「最初の1つは、COVIDのためにできなかったため、キャンセルされました。2つ目は、2つのオーストリアのGPの間でした。

それで、私は、楕円形ではなく、道路回路を行うことを目的としていたので、残念なことをすることを逃しました。楕円形ではなく、すべてのロードコースを行うことでしたが、それは実現しませんでした。

COVIDが起こらなかったとしたら、おそらく[起こった]でしょう。

しかし、多くの人が同じことを言うことができると確信しています。」

インディカー以外のレーシングシリーズのもう1人のチャンピオンであるNASCARカップシリーズで7回優勝したジミージョンソンも2020年にチームのテストを行う予定でした。彼もまた、パンデミックの結果としてテストを行うことができませんでした。

しかし、ボタンとは異なり、ジョンソンは2021年にまだスポーツに出場する予定であり、ボタンがやりたかったようなすべてのロードコースとストリートコースのレースに出場する予定です。彼は最終的にテストを行いましたが、それはチップガナッシレーシングでした。彼は次のシーズンにチップガナッシのチームと競う予定です。

しかし、アローマクラーレンSPは、2021年に元マクラーレンフォーミュラ1ドライバーが彼らのために競争するのを見る予定です。彼らのフルタイムのドライバーラインナップは現在、オワードと元チップガナッシレーシングドライバーのフェリックスローゼンクビストで構成されていますが、今年の「グレイテストスペクタクル」の3回目のエントリーをパイロットするのは2度のインディ500優勝者のファンパブロモントーヤです。 5月30日日曜日の「レースで」。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *